未分類

尿路結石はキャットフード選びも大切

尿路結石は、人間でもなる病気の一つです。結石ができてしまい、人でも猫でも排尿の際にかなり辛い痛みを生じさせる病気ですが、人間と猫との大きな違いは、猫の場合は放っておけば死に至る場合もあり、病気になりにくい猫が死亡してしまう病気の中ではトップクラスの死亡率を誇っています。

ペットとして飼っている猫も大切な家族の一員です。病気になっているかどうかをきちんと観察をしてあげましょう。症状としては排尿回数が多くなったり、一度の尿の量が少なくなったり、今まで粗相をしたことが無かったのに急に粗相をしてしまうようになったり、排尿の際に苦しそうに泣き出したり、と観察をしていればすぐにいつもと違うと分かることが多いので、発見自体はし易いです。発見が早ければ手術の必要もなく、カテーテルでの除去で済みますので、猫への負担も少なくて済みます。できるだけ早く異変に気付いてあげましょう。

しかし、そこで安心をしてはいけません。尿道結石になってしまう原因としては、猫の健康状態が悪いことが挙げられます。悪化させる理由はただ一つ、日ごろ食べさせてあげるキャットフードです。もしも、ここでキャットフードの見直しを行わなければ、尿路結石を再発してしまう恐れがあります。また、尿路結石になり易い猫は肥満であることも多いので、肥満の予防もしっかりと行いましょう。もしも、尿路結石になった場合には、普段食べさせてあげているキャットフードを尿路結石をケアできるものに変更してあげましょう。